現在乗っている自動車を中古車としてディーラーに売却する場合、車検などの際にあわせてすでに払込みをしている自賠責保険料が返戻されるのかは気になるところです。
結論からいうと、単なる売却の場合には、保険料は返ってこないと考えるのが妥当です。自賠責保険の制度上、保険料が返戻されるのは、「抹消登録」といって、運輸支局や自動車検査登録事務所にナンバープレートを返還して自動車を乗らないという意思表示をした後になります。この手続きで抹消登録をした証明となる書類が運輸支局などから交付されますが、その書類がないと解約ができないためです。保険が残っている期間中に解約があった場合には、月割りで計算した残りの期間分の保険料が、「解約返戻金」として戻ってくることになります。
ただし、原則として売却では保険料は返ってこないものの、実際には売却時の査定価格にこの保険料の返戻金に相当する金額が含まれている場合がほとんどです。中古車の査定項目はいくつかありますが、通常は車検までの残りの期間が長いということは査定額をアップさせるための条件として組み込まれているためです。もし不安になった場合には、保険料相当が正しく反映されているのかをディーラーに問い合わせるとよいでしょう。