車の購入時に必要な書類についてご説明します。

まず、購入前に準備ができる書類として「実印」が挙げられます。車を購入する際には実印が必ずいります。あらかじめ自分が住んでいる市区町村の役所で「実印登録」をしておきましょう。次に、印鑑証明書も事前に準備が出来ます。自分の実印が確かに登録されているものだと市区町村が証明してくれるものです。発行日から3ヶ月以内のものが有効になるため、買う時期に合わせて用意するとよいでしょう。

また、自動車検査証(車検証)も必要です。車を買った後、納車された時に使用者のところに自分の名前が確かに書かれているか必ず確認しましょう。また、絶対加入しなければならない自賠責保険と別に加入する任意保険の手続きの際も、これのコピーが必要になるので、あらかじめコピーしてもらいましょう。

車の登録は、基本的に手数料を払ってお店に代行してもらうことがほとんどです。その際に「委任状」を渡され、これに事前に用意した実印を捺印します。委任状自体はお店が用意してくれるので、自分が事前に用意する必要はありません。

登録車では、車の保管場所を証明する「車庫証明書」も必ず用意しましょう。お店か警察署で入手出来ます。こちらもお店が代行で手続きをしてくれますが、自分の住んでいる都道府県外のお店で購入する場合は、通常の手数料に上乗せして手数料がかかります。

以上が車を買う際に必要になる書類です。