車買取の基礎知識

| 未分類 |

}PgžxQ車買取では市場での取引を基に相場を判断して買取額を決めていますが、相場の多くはオークションの取引実績を基に形成されています。相場を基礎価格としてコンディションや走行距離などの状態によりプラスやマイナス査定が行われ、最終的な買取金額が出されています。他にも価値のあるオプションや装備に関してはプラス査定となるケースもありますが、プラス査定になるオプション装備は限られているため査定額には影響しないケースが多いと言えます。査定では新車で販売された時の状態が基本となるため、改造を行った場合には減額となる可能性が高いため、一般的には元の状態に戻してから査定を受けた方がよいとされています。実際の査定では直ぐに元に戻せるような簡易的な改造は査定に影響しないことが多いですが、極端なケースでは減額されてしまいます。アルミホイールやタイヤに関しても残り溝の状態が査定に影響しますが、純正ホイールではなくても特に問題はないと言えます。しかしボディからはみ出すなど法律に適合していない場合には交換を求められるか、交換ができない場合には減額査定となります。車買取は中古車として販売することを目的としていますので、中古車として魅力の高い車ほど高額で買い取りされるのです。