ナンバープレートが緑色や白色の普通自動車以上の自動車に関しては、自動車税が都道府県時事務所から課税されます。この税金は毎年4月1日午前0時時点での所有者に対して、その1年間分を課する、つまり課税するという具合に}PgžxQ地方税法に明記されています。
また、年度途中で抹消登録を行った場合も、月割りでこの税金を還付することになっています。その方法は各都道府県税事務所ごとで判断が分かれるところですが、銀行や信用金庫などの窓口で還付金として現金に交換ができる金券といった形で渡されるものもありますが、この方法が一般的です。
この還付金は、月割りで抹消登録の翌月から月割りで還付されるものになっています。ただし、年度終わりの3月に抹消登録をしても3月の次は年度がかわる4月ですから、還付金は発生しません。新しい年度の納税通知書が来ないだけになります。
自動車屋などにその自動車を売る際には抹消登録をするように依頼して、少しでも税金などを回収したほうがいい場合もありますし、業者側から指名債権譲渡の書類を書かされるケースもあります。この指名債権譲渡とは、本来還るべき税金などを別人に渡すことについて許可をしますという書類になります。