}PgžxQ自動車は納車されてから道路を走行する以上、大なり小なりキズがつくしヘコミができたりすることがあります。これはある意味仕方がないことです。その車に乗り続ける分には傷があったりヘコミがあっても問題はないのですが、いざ買い替えで売却しようとすると、そのキズやヘコミで査定額が落ちてしまうんではないかと考えて不安になり、査定前に修理しようかと考える人もいるようです。
では、実際に自動車を売却する際の査定とキズやヘコミの影響について、少し考えて見ましょう。
査定前の補修のメリットは、自動車の外装がきれいになることです。それにより査定の減額がなくなることが期待できるでしょう。
では逆にデメリットは何かというと、補修にかかる費用についてですが、一般のドライバーが板金補修を依頼すると、例えば10万円するとします、しかし買取業者が買取ったのちに自分で補修をするとなると、自社施工もしくは業者価格で数万円で補修が可能です。したがってキズやヘコミがあっても査定額としては数万円しか下がらず、10万円もかけて査定前に補修すると、その分が丸々損になります。
また査定時の大原則として、多くの買取店ではA4サイズ程度のキズやヘコミは査定減額の対象としていないようです。したがって小さな傷やヘコミは、査定に関係ないですのでそのままで査定を受けましょう。
板金補修よりも内外装の洗車とワックス、そして細部までの徹底的な掃除、こちらの方が査定アップには有効ですよ。